ザーレムライアについて


ここでご紹介するザーレムライアは、本物のライアとして当店が絶対的な自信を持ってお勧めできる楽器です。
ザーレムライアの種類や材質に関しては「種類、材質、上製と普及版の違い」のページをご覧ください。
ザーレムライアの弦に関して、弦の注文はこちらをご覧ください。

制作者はホルスト・ニーダー氏です。
彼は音楽家たちとの共同作業の中で、ゲルトナーライアをさらに発展させ、改良をくわえています。

ニーダー氏はライアの生みの親である初代ゲルトナー氏によって同じタイプのライアを作ることを認められた三人の弟子の一人で、ゲルトナー氏によって生み出されたライアをさらに発展させていこうと努力されています。
そのために、形は殆どゲルトナーのライアと同じですが、随所に彼の考えと経験が生かされています。

彼のこだわりはライアの本体のみならず、ライア用の弦を自作してしまうほどです。(彼の作った弦のなんとプニプニして生き生きとしていることか、なまものといった感じです。)
そして、現在いろんなライアメーカーの弦の相談にものっているそうです。
高い評価を受けているマレイ・ライト氏のライアにもニーダー氏の弦が使われています。

ニーダー氏について、詳しくは次の「ホルスト・ニーダー氏について」もご覧ください。
2011/08/27 09:52:02